丘の上を好む将軍が立つ御牧原台地。

僕が暮らす台地状の地域は、

御牧原(みまきはら)とか、

御牧ヶ原(みまきがはら)とか、

御牧原台地、などと呼ばれています。

 

 

丘のように台地状になっているため、

見晴らしが良く、

まるで北海道のような雄大な景色が広がっていて、

とにかく空が広い。

 

 

僕もその景色に魅せられ、

この場所に住むことを決めました。

 

 

浅間山に、北アルプス、蓼科山。

 

 

快晴の青い空に、綺麗な山が見えるだけで、

なんとも満たされた気分になります。

運がいいと、こんな色の空にも出会えます。

 

 

古くは天皇に献上する名馬の産地だったとか。

だから御牧原。

 

丘の上を好む将軍にとっては(僕のことです笑)、

この名馬の産地という情報だけでもご満悦。

 

欲を言えば、ここで育った馬にまたがって、

将軍気分を満喫してみたかった笑。

 

なぜ僕が将軍なのかって?

それは、こちらの記事を今一度ご確認ください笑↓

 

そして、この地域の特徴は、

台地だからこそ!のその地形からできた、

この景色です。

 

 

なんだと思います?

ブラタモリで来てもらって、

タモリさんに答えてもらいたい笑。

 

 

そう、ため池です。

Google mapでこの御牧原を見ていただくと、

一目瞭然なのですが、

とにかくいたるところに、ため池だらけ笑。

 

では、なぜ?ため池だらけ、なのでしょう?

分かりますかー?タモリさん?笑

 

近所の方に聞いていたので、知ってはいたのですが、

真意はどんなもんか?と検索してみたら、

ものすごい、素晴らしくコアなサイトにヒットしてしまいました笑

 

このサイト、すごい笑

しかも、本も出てるんですね笑

これ、欲しいかも!笑↓

https://bunbun.hatenablog.com/entry/mimakino

 

 

イラストがめちゃめちゃ分かりやすい。

詳しくはぜひ、このサイトを見てもらいたいんですが、

簡単に言うと、水が引けなかったから、です。

なぜなら台地だから笑。

 

いくら将軍と言えども、

丘の上に陣取ろうが、水が無くなっちゃえば命取りですね笑。

高いところで威張ってても、

兵糧攻めをされたら、たまらんってことです笑。

 

ため池をたくさん作って、

頼りはそこに溜まる、天水のみ…

 

現在は蓼科山のため池からサイホンで、

50km以上の水路でもって台地の上まで水を引き上げている、

というから驚き…

 

今、こうしてわが家で蛇口をひねるだけで水が飲めるのも、

そのおかげなのであります。

ありがたや、ありがたや…

 

一滴の水といえども金水と心得て

まさしく…

常に心に刻まないといけない言葉です。

 

将軍だ!なんて言って調子に乗ってると、

簡単に足元すくわれますね。

 

忘れてはいけない言葉。

謙虚に。感謝。ありがとうございます。

 

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す