ヤドカリさん的なミニマムなオフィス小屋。

気づけばもう二年前。

ペンションの庭を有効活用し、

ワーケーションの拠点としての誘致を検討されていた方に、

ウッドデッキと合わせてご提案させていただいたお遊びプラン。

ミニマムなオフィス小屋。

ミニマムオフィスBOX。

 

実現には至らず、そのままお蔵入りになっていたのですが、

ずーっと、一度作ってみたいなー、

と思って温めていたので、

ちょっと気持ちが盛り上がったタイミングで、

勢い余って作ってみちゃいました笑。

 

 

大人一人が入って、ギリギリのサイズ。

必要最低限のミニマムな小屋です。

 

 

模型を作ってみたら、

もっとこうなってたら、

より多用途に使えておもしろいのでは!?

 

うーん、ここの寸法はこれくらいの方がいいか…

材料の無駄が無いように考えると…

うーーーん…

あーでもない、こーでもない…と、

気がついたら朝方まで、

一人でブツブツ模型を切り貼り、切り貼り、エンドレス。

おかげでボロボロになった、可哀想な模型…笑。

 

 

扉がパタパタっと脚になって、

ウッドデッキモードになったり。

 

二台つなげたら寝れるサイズになるベットモードってのもあり。

昼寝大好きな僕にとっては欠かせない機能かも。

 

 

そんなこんなでひとまず作ってみました。

 

ドアを閉めてデスクに向かうと穴ぐらにこもるように、

一人の世界に入って集中して仕事に打ち込むこともできます笑。

(僕も大好きな、あのラーメン屋さん的に集中してみて下さい笑)

 

 

 

デスクの支えとなる小窓を開けて、

 

 

扉を外に倒すと、青空デスクに早変わり!

青空の下で仕事をすることもできます。

 

 

足はここから外に出して下さい笑。

 

 

小屋の下にはキャスターが付いているので、

このままヤドカリみたいにゴロゴロ歩いていって笑、

(実際はめっちゃ重たいので歩けませんが笑。外から押すことはできます)

他のヤドカリさんと合体すると、

即席の青空ミーティングデスクが出来上がります笑。

 

「ねえねえ、ちょっと相談したいことがあるから、合体しようぜ!」

という会話が生まれてくれることを期待しています笑。

 

 

あぐらをかいての座卓モードもあります。

ちなみに机の脚となっている足元の棚は、

本棚やソーラーパネルを屋根に載せた場合の、

バッテリーやインバーターの置き場として想定しています。

いずれはコタツにしたい笑。

 

 

日差しが強い時は一歩中に入ってのデスク。

森を借景に開放的に。

 

 

でも周囲からの視界は遮られているので、

集中して仕事に打ち込んでいただけます笑。

 

 

マルシェなんかのちょっとしたお店にもいいのかも?

めっちゃ重たいので、このままではとても運べませんが笑。

 

 

お遊びで作ってみましたが、

なかなか、いいかも笑。

 

 

 

まだ雨仕舞いはできていないので、

今のままで外に置くと、

雨漏れダラダラで大変なことになっちゃいますが、

うまいこと考えてコケ屋根にしたら、

より映える(ばえる)んじゃないかと笑

 

 

 

そして、外壁は……

って考えていくと、どんどんどんどん更に重くなってしまうので、

ひとまずは今回のスケルトンモデルで。

しばらくはこれにいろいろ改良を加えながら遊んでみようか、

と企んでいます笑。

ヒマがあったら笑。

 

ひとまずは、雨の当たらないオフィス内でご利用下さい笑。

  

 

さあ、一家に一台…と言わずに、家族分!

ミニマムなオフィス小屋、いかがですか!?

 

気になるお値段は………!!!??

 

…笑笑笑

………聞かれる前に言っておきますね

 

……これ…欲しいと言われても

……僕は作りません!!!笑

 

ひとまずはこれ、お遊びですので、

…あしからず!笑

 

では、また!

アップグレードをお楽しみに!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次