ヘミングウェイが愛した6本指のネコ

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元:https://thisbugslife.com

 

「幸運を呼ぶもの」といえばクローバーに

馬蹄(ばてい)やフクロウなどが代表的ですが

アメリカでは「6本指の猫」も含まれます。

 

指が多いので優秀なネズミ捕りのハンターとして

船乗りたちから大変重宝されてたそうです。

 

そしてこの6本指の猫を世界的に有名にしたのが

アメリカの文豪・ヘミングウェイ。

 

今回は6本指の猫と

ヘミングウェイにまつわるお話です。

 

■愛猫家・ヘミングウェイ

引用元:http://mysteryreadersinc.blogspot.jp

 

「老人と海」や「武器よさらば」など

ベストセラーを数多く手掛けたヘミングウェイは

大の猫好きとしても知られています。

 

キューバに住んでいたときには

一番多いときで68匹の猫を飼い

4階建てのうち2階部分を猫部屋にしていました。

引用元:http://www.juxtapost.com

 

6本指の猫との出会いは知り合いの船長から

「スノーボール」という猫を譲り受けたことがきっかけでした。

 

ヘミングウェイは6本の指をもつ猫を「幸せを運ぶ猫」と信じ

たいそう可愛がったそうです。

引用元:http://www.canadiantraveller.com

 

晩年を過ごした住居(ヘミングウェイ博物館)には

スノーボールの子孫が50匹以上暮らしており

そのうちの約半数が6本指を受け継いでいます。

 

ちなみにヘミングウェイは

チャップリンやヘップバーンなど

著名人の名前を付けることが多く

今でもその風習が守られているようです。

 

■日本では少ない「多指症」

引用元:http://apr.org/post/hemingway-cats#stream/0

 

先天的に指の数が多いことを

「多指症(たししょう)」といいます。

 

場所によって発症率が異なるため

日本における発症例は少ないですが

アメリカ北東部やグレートブリテン島で多く見られます。

 

主な原因としては近親交配が考えられています。

 

優性遺伝のためどちらかの親が多指症のとき

子猫も発症する可能性が高くなります。

引用元:http://www.vetstreet.com

 

一見すると不自由そうな気もしますが

日常生活に支障がないことがほとんどだそうです。

 

ただ爪が研ぎにくい場合は巻爪予防のためにも

定期的に爪切りが必要になります。

 

■受け継がれるヘミングウェイの意志

引用元:http://www.pawculture.com

 

ヘミングウェイ博物館は米農務省に

立ち退きを迫られていた過去があります。

 

猫が増えすぎたことによる近隣からのクレームも

その引き金になったのでしょう。

 

しかし「歴史的・社会的に意義があり観光面でも重要」

という市当局の見解により例外として認められ

繁殖に関しても一部の猫以外は

避妊・去勢手術することで問題をクリアしています。

引用元:https://www.stuff.co.nz

 

2017年9月に大型ハリケーン・イルマ直撃したときは

すべての猫を屋内に避難させて

博物館スタッフもその場にとどまりました。

 

その甲斐もあって猫たち全員ケガもなく

無事に過ごすことができたそうです。

引用元:http://www.chron.com

 

ヘミングウェイの愛猫たちに対する想いは

スタッフの手によって今もなお守られているのです。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す