【セルフビルド・DIY入門講座】 Vol.2 基礎編 No.4 フレキシブルBOXの作り方。フレームを組み立てよう!

フレキシブルBOXの作り方

前回は材料に墨付けをして

材料を切って

やすりをかけるところまでやってみました

 

前回のお話しはコチラ

http://www.engawashoten.com/?p=5637

 

今日は切った材料をフレームに組み立てていきましょう!

 

本日のstep.1 クランプで仮組みをしよう!

 

まずはクランプで仮組みをします

DIY初心者にとって

この”仮組み”がとても重要

 

いちいちクランプでおさえて…なんてめんどくさいから

いきなりビス(ねじ)で固定しちゃいたい!!

と思ってしまうかもしれませんが

 

かんたんに

きれいに

上手に

組み立てるポイントが

このクランプを使った仮組みにありますので

はしょらずにやってみましょう!

 

切った材料を下記のように並べます

 

s_0001

 

3つのフレームと

4つのL字のジョイントパーツ

これがフレキシブルBOX一つ分のすべてのパーツになります

 

フレームをひとつずつ組み立てていきましょう

 

※仮組みの仕方は動画にもまとめてあります。

音声が出ますので、落ち着いた場所でご覧下さい。

 

・クランプで仮組みをしてみよう→https://youtu.be/iqH8DADxFYA

 

 

本日のstep.2 ビスを打つ位置を決めよう!

 

仮組みをしたフレームにビス(ねじ)をとめつけ

フレームを組み立てます

 

s_スクリーンショット 2016-03-039

 

 

まずはビス(ねじ)を打つ位置を決め

鉛筆で印をつけます(墨付けと言いましたね!)

 

 

s_スクリーンショット 2016-03-040

 

それぞれのフレームの角の部分に

3か所ずつビスを打ち付けて固定します

 

墨付けの位置については下の図面をご覧ください

 

 

 

s_img215s_0001_112

※位置の決め方も動画にもまとめてあります。

音声が出ますので、落ち着いた場所でご覧下さい。

 

・ビスを打つ位置を決めよう→https://youtu.be/V-z7CRD_fXU

 

 

本日のstep.3 フレームを組み立てよう!

 

さあ、ビスを打ち込み

フレームを組み立てましょう

 

s_スクリーンショット 2016-03-041

 

墨付けをした位置にドリルビットを取り付けた

電動ドリルドライバーで下穴(したあな)をあけます

s_スクリーンショット 2016-03-042

 

ビスをまっすぐ打ち込みます

木が割れないように

打ち込みすぎに注意

 

 

2×4材のフレームの固定には75㎜のビスで

1×4材のフレームの固定には35㎜のスリムビスを使います

 

s_IMG_20160229_153656

 

黒と白のビスを交互に打つと

ちょっとアクセントになります

お好みで

 

s_IMG_20160229_160025

 

フレームが3つできました

 

s_IMG_20160229_155946

 

※組み立て方についても、動画にまとめてあります。

音声が出ますので、落ち着いた場所でご覧下さい。

 

・フレームを組み立てよう→https://youtu.be/bP_mNseUj6w

 

 

いやいや、おつかれまです!

フレームができましたね!

 

今日はここまででOKです

次回は、いよいよフレームを組み合わせて箱に組み立てます

ジョイント部分も作って…完成!

 

おたのしみに!

 

 

 

共に創り、友になろうよ!

 

 

 

 

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す