2022年をざーっと振り返り(その三)

 

2022年、「えんがわラボ」でどんなプロジェクトが進行していたのか?

そして、どんな活動をしてきたのか?振り返ってみています。

今回で3回目。

ざーっと振り返り、これで締め…たいと思っていたのですが、

なかなかボリューミーでまだ今回で締まらなそうです笑。

もう少しお付き合い下さい。

 

前回は、その二として5月〜8月くらいを振り返ってみました。

※前回の記事はコチラ

あわせて読みたい
2022年をざーっと振り返り(その二)   2022年、「えんがわラボ」でどんなプロジェクトが進行していたのか? そして、どんな活動をしてきたのか?振り返ってみています。   前回は、その一として...

 

今回は9月〜12月くらいを。

早速、いってみましょう!

 

●長野県茅野市 平屋の断熱しっかりフルリノベーション

 

東京から移住をするために購入された、かわいらしい中古の平屋の建物。

ご夫婦とワンちゃん、猫ちゃんでシンプルでミニマルな暮らし。

その長野県での住まい作りのマイプロジェクトでした。

 

 

標高1090m、蓼科山と八ヶ岳を望む静かな場所です。

小さなお家でも開放的で、かつ断熱がしったりとした気持ちのいいお家にしたい。

それがプロジェクトオーナーさんの最も大切にしたい想いでした。

 

 

 

リビングは天井を抜いて勾配天井に。

天井と壁の中にはセルローズファイバーという新聞古紙の断熱材を充填。

更に内側に壁をふかしてネオマフォームという断熱材を充填しました。

元々、外側にもスタイロフォームという断熱材が入っていたので、三重の断熱になった形です。

 

 

 

屋根裏にも床下の基礎周りにもウレタンの吹き付け断熱をしたりと、

数値的な根拠はしっかりと出していませんが、かなりの断熱性能。

真冬のこの時期でもペレットストーブ一台で十分に暖かいようです。

 

 

基本はお馴染み大工のマツオさん。

そして、もはや大工シゴトもお任せあれ、

えんがわサポーターのアキタさんの最強タッグで工事を進めてもらいました。

 

 

もちろんプロジェクトオーナーさんもセルフビルド。

月に何度か東京のご自宅から長野に来られて、一緒にできる作業を進めていただきました。

デスクや収納、キッチン、カウンターなどの家具作りから

漆喰塗り、タイル貼り、床材貼りなどなどなど。

 

 

終盤にはお楽しみの?追い込みの仕上げ合宿!笑

 

 

一日作業をした現場での合宿の夜はこの上ない極上の時間です。

温泉で汗を流して、ビールで乾杯。

あたたかい鍋とおつまみに餃子。

もう、これ以上の幸せはないでしょう…ありがとうございます。

 

 

 

こちらのプロジェクトも語り出すとキリが無くなってしまいますので笑。

また機会をあらためてお話しできればと思います。

 

●長野県佐久市野沢商店街の喫茶店&ゲストハウス「あるいは」

 

こちらのマイプロジェクト、2023年もまだまだ作業中。

まだまだ×100、日々アップデート中です!笑

 

 

佐久市野沢商店街の3階建ての建物。

こちらをリノベーションして喫茶店&ゲストハウスにするマイプロジェクトです。

 

 

プロジェクトがスタートしたのはちょうど1年前くらい。

僕が初めて現場にお邪魔した時にはプロジェクトオーナーさんの解体作業は既にかなり進んだ状態!

ご自分と仲間達でコツコツと作業を進めていらっしゃるところでした。

 

 

今回のマイプロジェクトは基本的に全てをセルフビルド。

僕は定期的に一緒に作業をしていますが、水道屋さん、電気屋さん、

ガス屋さんとの連絡も直接行っていただき、

大工工事や左官工事、塗装工事など、ほぼほぼ全ての工程をご自分で進めていただいています。

 

 

計画の段階ではZoomで打ち合わせを重ね、プランと予算計画をまとめていきました。

えんがわラボメンバーやお仲間のみなさんにも作業日には

ヘルプに来ていただきながらコツコツと作業を進めていただきました。

 

 

マルノコからインパクト、グラインダーにサンダー、マルチツール…

塗装にタイル貼り、漆喰塗り。

様々な作業を通じて、もはやなんでもござれです笑。

素晴らしい。

 

 

 

 

 

作業に参加して下さった方たちが、久々に再訪して下さるとその変化に気づいて下さり、

みなさんにも愛着を感じていただいている。

そんな素敵な場所です。

 

 

 

 

 

 

 

 

当然のように語り尽くせぬエピソードが盛りだくさん…笑。

こりゃー、今年は写真だけでもライトに頻繁にアップしていこう!

と今まさに決意したところであります。

じゃないと一生、語れない笑。

がんばりまーす!

 

●ウッドストックキャンプ「第3回えんがわラボ祭り」

 

ウッドストックヤードさんと共同で進めている、森の基地作り。

この森をお借りして第3回目となる「えんがわラボ祭り」を開催しました。

その名も「ウッドストックキャンプ」

 

 

 

 

今回はシェフとシュフのようなプロジェクトオーナーさん笑、

シェフのようなえんがわラボメンバーに料理をお願いしました。

毎回のようにまるでレストランのような美味しすぎる料理を本当にありがとうございます涙。

おかげでなかなかどこかお店に外食に行こう!

という気持ちにならない贅沢もののワタクシでございます笑。

 

 

日替わりシェフ!?そうそう、前夜祭はラム肉祭りでした。

ラム肉、ラムシチュー、ラムラムラム…これが、マジで美味いんですよ感涙。

準備ができてホッと一息の夜。

これまた贅沢な時間でした。

 

 

 

 

 

 

森にテントでまさにウッドストックキャンプ。

キャンプ場も行かなくなっちゃいますね笑。

 

 


 

 

そして、えんがわラボメンバーにテントサウナを貸してもらったので、敷地内の川沿いに設置。

 

 

 

ご満悦の家具デザイナーのユウくんです笑。

 

 

もちろん、作業もちゃんとやりましたよ笑。

工房小屋の外壁のパネルを作って設置。

ウッドストックヤードさんでも販売しているウェスタンレッドシダーの未活用材を

パネル状にして外壁に張り付けました。

 

 

大人も子供も取材班も!?手が空いてる…なんてことはありませんよ笑。

みなさんもれ無くバシバシ働いてもらって、ガシガシ食べてもらいますwww

 

 

 

 

 

いい匂いにつられて日が落ちてからも人は集まり続け、宴は夜中まで続きました。

そして、そのままテントでゴロンzzz。

そして、次の日も作業は続くのでした笑。

いやー最高でしたよ。

みなさん、ご協力ありがとうございました!

 

3つ紹介したら、既にかなりボリューミーになってしまいました笑。

今回はここまで。次回もまたお楽しみに〜!

 

 

★まずはメールでセルフビルドを擬似体験!

メルマガ登録はコチラ。

https://form.k3r.jp/engawashoten/newsletter

★まずは気軽に相談!

「おためしコンサルプラン」はコチラ。

https://peraichi.com/landing_pages/view/engawaplan

★まずは体験参加!

「おためし体験イベント」はコチラ。

https://engawashoten.hp.peraichi.com/event

★メンバーのみんなの活動から学んで、お手伝いから始めてみよう!

「えんがわラボ」はコチラ。

https://engawashoten.hp.peraichi.com/engawalab

★セルフビルドパートナーとラボメンバーの力をかりてマイプロジェクトに取り組もう!

「マイプロジェクト強化プラン」はコチラ。

https://myprj.hp.peraichi.com/

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

------------------------------
ココカラアリガトウ生活のススメ
------------------------------

はじめまして!

ココカラアリガトウ書店の渡辺ともうします。

メルマガをご覧いただき、ホントにありがとうございます!

田舎暮らしで早期退職。裸足で年収1000万!

スタートです!!


さて、なにはともあれまずは自己紹介から。

ココカラアリガトウ書店の渡辺正寿(わたなべしょうじ)ともうします。


横浜の大学で建築を学び、横浜の某大手ハウスメーカーに就職しました。

それほどまじめに勉強もしてこなかったため、建築の知識も中途半端。

とにかく早く就職を決めて、あそびたい!

という気持ちで内定がでた会社に就職をいち早く決めました。

設計をやりたい気持ちもありましたが、きちんと勉強をしなかったので設計職は不採用・・・

あまりやりたいとは思っていなかった営業職に決まりました。


社会人の厳しさを教えていただきながら、それなりにがんばりました。

同期の仲間にも恵まれ、それなりにたのしくやっていました。

しかし、もともと田舎育ちのボク。

なんだか忙しい日々と都会の生活に違和感を感じるようになりました。


田舎に暮らしたい・・・

大自然のなかで、ストレスなく、のんびりと。

収入はそこそこでいい。

最低限の稼ぎがあり、畑でもやって、自給自足の生活ができれば。

そんな想いがあふれてきました。


しかし、当時のボクは入社3年目の25歳。

妻のおなかには、こどもが・・

大手の会社に就職し、それなりの稼ぎもあり、なんとなく安定した暮らし。

当然、家族や会社の上司からは猛反対を受けました。

「家族を路頭に迷わせるつもりか!」

「は?なにをかんがえてるんだ。バカか?」

「考えがあまいんだよ!」


・・・正直悩みました。

新しい会社への転職は決まってはいましたが、収入は下がります。

ましてや、子供が生まれてくることも考えれば。

絶対に大丈夫!という自信はありませんでした。


でも、決めました。

田舎暮らしをしたい!!


ボクにはもうひとつの夢がありました。

大自然のなかにマイホームが欲しい。

毎日、なんとなく早起きをして、掃除と散歩。

すがすがしい朝陽を浴びながらコーヒーで目を覚ます。

ほどほどに仕事をして、夕方にはきれいな夕焼けのなか、ビールをのみながらほろ酔い気分でちょっと料理をたのしんでみる。

静寂な夜。

風呂あがりに薪ストーブの炎をながめながら、今度はどのお酒をのもうか?

とならべたお酒からその日の気分で選んでみる。

照明をおとした落ち着いた明かりのなかで読書。

いつのまにか、夢のなかへ・・・


夢のまた、夢。

と、思っていました。


現在、31歳。

夢、実現しました。

実際には、田舎に飛び出して3年後の28歳で。

草原の見える大自然の土地に、

自然素材でできた木の家・・・建てちゃいました!


夢のマイホームでの生活がはじまり3年。

田舎暮らしの誤算。それは・・・

田舎暮らしは忙しい!!

掃除、草刈り、薪割り、雪かき・・・etc

思い描いていた悠々自適なのんびりとした暮らしとはちょっと違う。

田舎暮らしのたのしさが詰まっていました!


夢のまた夢と思っていた暮らし。

それを実現した今。

最低限の稼ぎで、ほどほどの暮らし。

それでいいとおもっていましたが・・


やっぱり最低限の稼ぎでは忙しい!!

住宅ローンに子供の養育費

ガツガツ食べ盛りの男子2人を抱え、日に日に増していく食欲と食費。

調子の悪くなってきた車・・・

通勤にかさむガソリン代。


やっぱり・・・稼ぎたい!!


そんな欲張りなボクに出会いが。

インターネットビジネス。

パソコンひとつで、しかも副業でガツガツ稼いでいるヒトがいる・・

しかも、ハンパじゃない額を。

自分と同世代のヒトたちが、個人の力で、短期間で、爆発的に・・


オレも・・・稼ぎたい!


田舎でもできるビジネス。

時間をあまりかけずに、副業でできるビジネス。

初期費用が少なくても、大きく稼げるビジネス。

まさしく、ボクのためにあるビジネスじゃないか!!


靴下が苦手なボク。

緊張すると汗がでてきて、ムレムレの靴。

裸足で仕事をできればな~

裸足で年収1000万を達成できれば・・・

早期退職を実現し、その先にはホントの夢の田舎暮らしが待っている!

ココロとカラダから感謝があふれる生活を。


前置きが長くなりました。

このブログは、田舎暮らしで、しかも裸足で年収1000万を達成し、早期退職を実現する!

その軌跡とノウハウをみなさんと共有していきます。

そして、忙しいなりにも田舎暮らしを実現し、28歳にして夢のマイホームを手に入れた、

その手法と考え方。

土地探しから家づくり、その準備とその後の生活まで。(いちおう二級建築士でもありますので・・・)

電気に頼らず、自然エネルギーを使い、まさしく自給自足を目指す暮らし方。

それをすこしずつ、みなさんにご紹介していきます。


ボクの挑戦と、みなさんの挑戦。

一緒にがんばりすぎずに、がんばっていきましょう!


すこしでもボクの考えに共感いただけた方。

応援していただけると幸いです。

よろしくお付き合い下さい!

最後までご覧いただき感謝いたします。


ありがとう!


--------------------------------------------------------
ココカラアリガトウ書店
--------------------------------------------------------
ご意見・ご感想がありましたら、ご遠慮なく!
【E-mail】info@atozpage.com
--------------------------------------------------------
そうじ・わらい・かんしゃ   渡辺正寿(わたなべしょうじ)
--------------------------------------------------------

コメント

コメントする

目次