天井の点検口って自分で簡単に作れるものなの?

 

「マイプロジェクト強化プラン」ってどのように進めていくの?

メルマガを通じて具体的な事例をピックアップ。

 

【空き家を丸々一軒、セルフリノベーション「夢のマイホーム作り」】

今回はこちらのプロジェクトがカタチになっていくまでの流れを少しずつお伝えしています。

 

前回は窓枠を作ろう!ということでお伝えしました。

※前回の記事はコチラ。

あわせて読みたい
窓枠って自分で作れるの?   「マイプロジェクト強化プラン」ってどのように進めていくの? メルマガを通じて具体的な事例をピックアップ。   【空き家を丸々一軒、セルフリノベーショ...

 

前回は、いよいよ着工!

ということでイキナリ窓枠から作り始めました。

そして、今回はイキナリ天井の点検口を作ります笑

マニアックな作業ばかりお伝えしてますが、

実際に行った作業の流れに沿ってリアルにお伝えしていきます。

 

今回は天井を壊さずに工事を行うため、電気屋さんに現地調査をしてもらった時に、

天井裏に配線をするために点検口を作ってね、とお願いされていました。

この作業は大工さんの仕事になるので、今回の大工さんは…プロジェクトオーナーのあなたです!笑

さあ自分でやってみましょう!

 

 

洗面所の天井に点検口を設置します。

まずは説明書とにらめっこ。

 

 

点検口を設置する位置を決めたら、開口寸法(穴を開ける大きさ)を天井に書き写していきます。

今回も強力な助っ人が!お友達がお手伝いに来てくれました。ありがたい涙

 

 

穴あけにはマルチツールを使って天井を切り欠きます。

 

 

マルチツールの刃を真っ直ぐ差し込むように。

 

 

 

穴が開きました!

 

 

こんな感じでピッタリはまりそうですね。

 

 

邪魔になってしまう天井の下地はカット。

下地をカットする分、それを支える下地も補強します。

 

 

 

切り取った天井板を点検口の蓋の大きさに合うサイズにカットします。

 

 

うん、キレイにはまりました。

 

 

できましたー!

これで電気屋さんに天井裏の作業をやってもらえます。

完成後も点検をしたり修理をする時に天井を壊さずに作業をしてもらうことができます。

地味で作業をしたことを誰にも気づかれないかもしれませんが笑、大切な作業。

 

気づかれない、ということは良い仕事をした、ということなのかもしれませんね笑

こんな時こそ、自分で自分を褒め称えてあげて、

セルフビルドの醍醐味「自己満足」を堪能しましょう笑

お疲れ様でございます、グッジョブでございます!

 

 

工具の扱いにもちょっとずつ慣れてきましたね。

さあ、ガンガン作っていきましょう!

 

 

つづきはコチラへGO!⇩

あわせて読みたい
壁を壊さずに断熱ってできるの?   「マイプロジェクト強化プラン」ってどのように進めていくの? メルマガを通じて具体的な事例をピックアップ。   【空き家を丸々一軒、セルフリノベーショ...

 

 

★まずはメールでセルフビルドを擬似体験!

メルマガ登録はコチラ。

https://form.k3r.jp/engawashoten/newsletter

★まずは気軽に相談!

「おためしコンサルプラン」はコチラ。

https://peraichi.com/landing_pages/view/engawaplan

★まずは体験参加!

「おためし体験イベント」はコチラ。

https://engawashoten.hp.peraichi.com/event

★メンバーのみんなの活動から学んで、お手伝いから始めてみよう!

「えんがわラボ」はコチラ。

https://engawashoten.hp.peraichi.com/engawalab

★セルフビルドパートナーとラボメンバーの力をかりてマイプロジェクトに取り組もう!

「マイプロジェクト強化プラン」はコチラ。

https://myprj.hp.peraichi.com/

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

------------------------------
ココカラアリガトウ生活のススメ
------------------------------

はじめまして!

ココカラアリガトウ書店の渡辺ともうします。

メルマガをご覧いただき、ホントにありがとうございます!

田舎暮らしで早期退職。裸足で年収1000万!

スタートです!!


さて、なにはともあれまずは自己紹介から。

ココカラアリガトウ書店の渡辺正寿(わたなべしょうじ)ともうします。


横浜の大学で建築を学び、横浜の某大手ハウスメーカーに就職しました。

それほどまじめに勉強もしてこなかったため、建築の知識も中途半端。

とにかく早く就職を決めて、あそびたい!

という気持ちで内定がでた会社に就職をいち早く決めました。

設計をやりたい気持ちもありましたが、きちんと勉強をしなかったので設計職は不採用・・・

あまりやりたいとは思っていなかった営業職に決まりました。


社会人の厳しさを教えていただきながら、それなりにがんばりました。

同期の仲間にも恵まれ、それなりにたのしくやっていました。

しかし、もともと田舎育ちのボク。

なんだか忙しい日々と都会の生活に違和感を感じるようになりました。


田舎に暮らしたい・・・

大自然のなかで、ストレスなく、のんびりと。

収入はそこそこでいい。

最低限の稼ぎがあり、畑でもやって、自給自足の生活ができれば。

そんな想いがあふれてきました。


しかし、当時のボクは入社3年目の25歳。

妻のおなかには、こどもが・・

大手の会社に就職し、それなりの稼ぎもあり、なんとなく安定した暮らし。

当然、家族や会社の上司からは猛反対を受けました。

「家族を路頭に迷わせるつもりか!」

「は?なにをかんがえてるんだ。バカか?」

「考えがあまいんだよ!」


・・・正直悩みました。

新しい会社への転職は決まってはいましたが、収入は下がります。

ましてや、子供が生まれてくることも考えれば。

絶対に大丈夫!という自信はありませんでした。


でも、決めました。

田舎暮らしをしたい!!


ボクにはもうひとつの夢がありました。

大自然のなかにマイホームが欲しい。

毎日、なんとなく早起きをして、掃除と散歩。

すがすがしい朝陽を浴びながらコーヒーで目を覚ます。

ほどほどに仕事をして、夕方にはきれいな夕焼けのなか、ビールをのみながらほろ酔い気分でちょっと料理をたのしんでみる。

静寂な夜。

風呂あがりに薪ストーブの炎をながめながら、今度はどのお酒をのもうか?

とならべたお酒からその日の気分で選んでみる。

照明をおとした落ち着いた明かりのなかで読書。

いつのまにか、夢のなかへ・・・


夢のまた、夢。

と、思っていました。


現在、31歳。

夢、実現しました。

実際には、田舎に飛び出して3年後の28歳で。

草原の見える大自然の土地に、

自然素材でできた木の家・・・建てちゃいました!


夢のマイホームでの生活がはじまり3年。

田舎暮らしの誤算。それは・・・

田舎暮らしは忙しい!!

掃除、草刈り、薪割り、雪かき・・・etc

思い描いていた悠々自適なのんびりとした暮らしとはちょっと違う。

田舎暮らしのたのしさが詰まっていました!


夢のまた夢と思っていた暮らし。

それを実現した今。

最低限の稼ぎで、ほどほどの暮らし。

それでいいとおもっていましたが・・


やっぱり最低限の稼ぎでは忙しい!!

住宅ローンに子供の養育費

ガツガツ食べ盛りの男子2人を抱え、日に日に増していく食欲と食費。

調子の悪くなってきた車・・・

通勤にかさむガソリン代。


やっぱり・・・稼ぎたい!!


そんな欲張りなボクに出会いが。

インターネットビジネス。

パソコンひとつで、しかも副業でガツガツ稼いでいるヒトがいる・・

しかも、ハンパじゃない額を。

自分と同世代のヒトたちが、個人の力で、短期間で、爆発的に・・


オレも・・・稼ぎたい!


田舎でもできるビジネス。

時間をあまりかけずに、副業でできるビジネス。

初期費用が少なくても、大きく稼げるビジネス。

まさしく、ボクのためにあるビジネスじゃないか!!


靴下が苦手なボク。

緊張すると汗がでてきて、ムレムレの靴。

裸足で仕事をできればな~

裸足で年収1000万を達成できれば・・・

早期退職を実現し、その先にはホントの夢の田舎暮らしが待っている!

ココロとカラダから感謝があふれる生活を。


前置きが長くなりました。

このブログは、田舎暮らしで、しかも裸足で年収1000万を達成し、早期退職を実現する!

その軌跡とノウハウをみなさんと共有していきます。

そして、忙しいなりにも田舎暮らしを実現し、28歳にして夢のマイホームを手に入れた、

その手法と考え方。

土地探しから家づくり、その準備とその後の生活まで。(いちおう二級建築士でもありますので・・・)

電気に頼らず、自然エネルギーを使い、まさしく自給自足を目指す暮らし方。

それをすこしずつ、みなさんにご紹介していきます。


ボクの挑戦と、みなさんの挑戦。

一緒にがんばりすぎずに、がんばっていきましょう!


すこしでもボクの考えに共感いただけた方。

応援していただけると幸いです。

よろしくお付き合い下さい!

最後までご覧いただき感謝いたします。


ありがとう!


--------------------------------------------------------
ココカラアリガトウ書店
--------------------------------------------------------
ご意見・ご感想がありましたら、ご遠慮なく!
【E-mail】info@atozpage.com
--------------------------------------------------------
そうじ・わらい・かんしゃ   渡辺正寿(わたなべしょうじ)
--------------------------------------------------------

コメント

コメントする

目次