移住者に優しい青木村、バスターミナルでカフェ作り。

青木村バスターミナルにて、カフェ作りのリノベーションがスタートしました。

 

 

青木村からの旅立ちの場でもあり、

上田方面からおかえり、と迎え入れてくれる、

帰り着く場所でもある、

青木村の顔ともいうべきバスターミナル。

 

 

こちらの一角の空き店舗スペースをカフェにするべく、

計画を進めてきました。

 

 

設計は、いつも大変大変お世話になっております、

相棒設計士のTUGU設計室の荻原大将軍。

 

 

大工はこちらも大変お世話になっております、

相棒大工、歩兵の◯ツオ氏でございます。

 

 

まずは、マジックミラー的で近未来的な雰囲気だったガラスを、

一部交換して下さるとのことで、透明にしてもらいました。

外から中の様子が見えるようになり、

これだけでも一気に雰囲気が良くなりました。

 

 

外壁のタイルやポーチのウッドタイルは元々いい感じなので、

このまま手を加えずに使用します。

植物とかスワッグとかを飾ると、

グッとよりアプローチに雰囲気が出てきそうです。

 

あとは、入り口のドアがピンク色でスナック感満載なので、

こちらは木製のドアへと交換予定です。

ドア枠はちょっとサビたゴツい鉄骨でいい感じ。

新しい木製のドアを古材でデコレーションして、

この雰囲気をうまく活かしていけたらと思います。

 

 

厨房の床を一段上げて、配管のスペースを確保。

 

バスターミナルを利用される、ご近所のみなさんでしょうか?

当然、気になるのでしょう。

何ができるの?とみなさん声を掛けて下さいます。

青木村のみなさん、役場の方も、お住まいのみなさんもとてもあたたかい。

移住者にもとても優しい村。

 

実は、僕も長野県に移住する際の居住地第一候補は青木村だったのです。

15年前当時、青木村の村営住宅が素敵な立地でして…

川沿いの綺麗な一軒家。

庭付きで目の前がとても穏やかな気持ちのいい川。

都内のアパートから移住を検討していた僕には衝撃的なロケーション、

驚きの広さ、革命的な家賃でした。

当然、人気が高く抽選だったため、気合いを入れてチャレンジしたのですが…

結果は残念、無念。

別の選択肢を探したのでした。

とにかく、青木村は移住者に優しい。

僕が移住した15年前から、その想いは変わってないような気がします。

今回の工事に関しても、その待遇や対応の素晴らしさに感動しました。

 

青木村によりたくさんの方が来てくださるように。

何かしら青木村のみなさんに貢献できるように。

より魅力的な村になるように。

青木村の顔となるべくカフェ作り、

またまた楽しみな工事となりました。

こちらももちろん、オーナーさんと一緒にDIYで作り上げていきます。

 

 

家にたどり着くと、綺麗な水色とピンク色の空が待っていてくれました。

ぐっと冷えこんだ夕方は、このご褒美の空に出会える確率が上がります。

年末の匂い、冬の肌触り。

新しい年へ向けて、長野の冬を存分に楽しんで参りましょう!

 

 

★セルフビルドパートナーのDIYオンラインサロン、メンバーを募集中です。

みなさまのご参加、お待ちしております!↓

https://community.camp-fire.jp/projects/view/312627

コメントを残す