逃げ道、逃げ場所を作る。

5年前。えんがわ商店を創業して間もない僕は、江原さんに泣きつきました。

 

僕、このままじゃ、やっていけなそうです…

 

「将軍の日」と銘打ったその日。

江原さんは丸一日の時間を僕に確保してくれました。

 

僕のやっていること、やりたいこと、やっていきたいこと、

思い描いていること、思い描けてないこと、

やりたくないこと、やらされたくないこと、

などなどなど…

 

細かな数字と共に丁寧にヒアリングをしてもらい、

一緒に「えんがわ商店の5ヶ年計画」を作りました。

 

日々、追われ続ける業務から離れ、丘の上に立ち、

軍略を練り込む将軍の日。

「なぜ人類は月に行けたのか?」

江原大将軍のこの質問から将軍の日は始まりました。

答えは忘れましたが笑、

ニュアンスから思い出せる範囲の言葉を絞り出すと、たしか…

 

一、まずは、月に行こう!と思ったからである。

一、そこから、月に行く方法を考え、チャレンジしたからである。

一、そして、失敗を糧に月への道筋を軌道修正したからである。

だったかな?笑。

こんな感じだった気がします、答え合わせは江原さんへ笑。

 

この日が無ければ、僕は順調に鳴かず飛ばずの低空飛行を続け、

1年ともたずに不時着してたことは確実でした。

そして、もう一度飛ぼうとは思えなかったかと思います。

 

そう、この日から江原さんは、僕にとってのセルフビルドパートナーでした。

軌道修正を重ねながら共に成長してきました。

5年経った今、僕と江原さんの月への軌道は、

全く別の道筋を辿っていたはずなのですが、意図せず重なりつつあります。

 

交差して、またすぐ別の軌道になる途中なのかもしれませんが、

ここらで一旦、軽くお互いに燃料補給ができればな、という感じです。

詳細はまだ未定ですが、江原さんからの提案で、

こちらのイベントに少しだけ参加させていただき、

お話しをさせていただくことになりそうです。

ご興味がある方はぜひぜひ。

 

5ヶ年計画の中で「5年後までに達成すること」をいくつかあげていました。

その中でこんな目標を掲げていました。

 

【5年後にセルフビルド感謝祭→

セルフビルドパートナーを100人養成し、セルフビルド100人祭りをやる!】

 

数字的にデカい目標を立て、それをやりきるためには?

不時着を回避するためには?

と息巻いていた僕は、なかなかの大きな目標を立てていました笑。

 

この目標、情けないことにすっかり忘れてました…恥ずかしい。

忘れてたのですが、なぜか結果的に、

僕はこれをやろうとしてることに気がつきました。

それが「セルフビルドパートナーのDIYオンラインサロン」です。

 

当時の僕はどこかの廃村かどこかで、

それまでにセルフビルドパートナーとなったお客さんを100人集めて、

みんなでお祭りと題して廃村を復活させちゃおう!

セルフビルドキャンプだ!

なんて、妄想をしてたわけですが、

5年経ってみて…まさかこれをオンラインでやろうとしてるのでは!?

ということに気がついた時は驚きました笑。

 

自分で作る、自分で作り出せるようになることによって選択肢を増やす。

逃げ道、逃げ場所を作る。

戦う、守る、ともう一つ。

逃げる、という選択肢もポジティブに使っても良いと思います。

逃げる、のは勇気が無いことではなく、勇気があるからできること。

と、逃げ続けてきた自分に言い聞かせています笑。

選択肢を増やすために。

セルフビルドパートナーとして、

できるだけのお手伝いをしていけたらと考えています。

https://note.com/masafumiehara/n/n5c47f3ecdf8f?fbclid=IwAR2_hoWsnCzGNShVE2FkCQIUooSPVIfENLNcZNk_A91LJeVqC-Ks5i_sMpc

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す