ベースはプロに任せ、ディティールを自分仕様に育てていく。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

小諸市の二階リビングが羨ましい二世帯住宅へのリノベーション。

 

 

今回は天井と壁の断熱材に新聞古紙を主原料とした、

セルローズファイバーを充填しました。

既存の天井を剥がし、勾配天井に。

 

 

天井に空気の通り道を作るように空間を設けて、

新たに下地を作り遮熱シートを貼ります。

 

 

遮熱シートの下に更に天井の下地を作り、

更にそこにシートを貼り、

できた隙間にセルローズファイバーを吹き込んで充填します。

 

 

下地ができたらシートに穴を開けそこからホースを突っ込んで、

断熱材を吹き込み壁も天井も、ぴっちりと充填。

 

 

音の反響も無くなり、断熱材にすっぽりと包み込まれた感覚。

 

 

 

住まい手さんはお休みを利用しながら、

コツコツとDIY。

 

 

もともと天井裏に隠れていた、

荒々しい表情の梁の表面をグラインダーで磨いてお化粧。

どの刃が良いか、いくつか買ってきておいて試してもらいましたが、

結局、ご自分でチョイスして買ってきてくれた、

こちらの刃が最もしっくりきた様子。

さすがでございます。

 

 

お見事。大工さんも大絶賛の仕上がり。

まるで彫刻を施したような表情に。

 

住まい手さん夫妻が学生の時に手掛けたという、

一緒に視察旅行に出掛けて行った、

越後妻有の「脱皮する家」を彷彿とさせる仕上がりです。

http://www.tsumari-artfield.com/dappi/

 

住まい手さんご家族と存分に楽しんだ、

越後妻有のんだくれお楽しみ視察ツアーの様子はコチラ。

 

 

天井板として、仕上げに杉の羽目板を。

こちらも建材屋さんでゲットした、

リーズナブルな訳あり品を使用。

訳あり品とは思えないほど綺麗な材料。

 

さあさあ、工事は着々と進行しています。

住まい手さんのDIYは今回、

まだまだ、たーーーーーっぷりとございます笑

 

大工さんの力をかりて、ベースは一気に作ってもらい、

仕上げを中心にDIYで自分仕様に育てていきます。

 

さあ、ここからが本番。

梅雨と暑さを吹き飛ばし、

楽しみながら、がんばって参りましょう!

 

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す