具体的に妄想してみよう。【二拠点生活・移住妄想PLAN1:はじめの一歩】

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

さあ、前回、前置きが長くなりすぎてしまい、

お預けになっておりました、

二拠点生活・移住の妄想プラン。

 

前置きは前回の記事でご確認いただき↓

 

今回は早速、具体的に妄想してみましょう!

 

東京都町田市に暮らしていた、

24歳の当時の僕へ向けての妄想プランとなりますので、

現在の住まいは町田市、というところから妄想してみることにします。

 

選択肢はいろいろあるかと思いますが、

せっかくの妄想ですので、

選択肢をいろいろ例示してみるよりも、

僕の独断と偏見により、

具体的な事例を一つチョイスして妄想してみたいと思います笑

 

まずは、24歳の当時の僕が、

今現在、どんな心境なんだろう?

と想像してみました。

 

コロナ禍の緊急事態宣言が解除され、

ようやく人に会える!

ようやく飲みに行ける!笑

まずは、何はさておき友達に声を掛けて、

飲みに繰り出していることは間違いないでしょう笑

 

しかし、以前との心境の変化は確実に残っています。

先ほど、東京にて新たに47人の感染者が…

とのニュースも入ってきました。

 

さて、どうしたものか…?

今の生活は永遠ではない、当たり前ではない、

ということをあらためて突きつけられた気分なのではないでしょうか。

 

友達とワイワイガヤガヤ騒ぐのはやっぱり大好きだけど、

心のどこかで、まだまだ都心部で遊ぶ、

ということに何か抵抗が残る状態…

在宅勤務も増えて、家に居る機会も増えたけど…

だからこそ、休日くらいは気兼ねなくのんびりと外で過ごしたい…

休日まで自宅で過ごすのは、もうちょっとツライ…

 

そうだ、二拠点生活を妄想してみよう!笑

 

となるかどうかは、別として笑

その想定で妄想してみます。

お付き合い下さいませ。

 

さあ、二拠点生活において、

まずは最も大切な「住まい」について。

 

何はともあれ寝泊りができる家、宿泊場所が無ければ、

二拠点生活は成り立ちません。

それを探すところから始めてみましょう。

 

さあ、どうしよう?

当時の僕は奥さんと夫婦二人。

子供はまだいませんでした。

 

小さな平屋の建物でもかりてみる?

…いやいや、さすがにまだ移住する、と決めたわけでは無いし、

その場所がどんなところか分からないし、

まだまだ状況がどう変わるか?なんて分からないし…

さすがにそこまで思い切れない。

 

それじゃあ、ゲストハウスをかりてみようか?

それもいいけど、旅行、じゃなくて、

二拠点生活をしてみたいから、

できれば毎週末か二週に一回くらいは行ってみたいし、

欲を言えば、せっかく在宅勤務ができるようになったんだから、

休日だけでなく、もう少し長期で滞在してみたい…

そうすると、基本が一泊料金のゲストハウスでは、

料金が高くついてしまうかも…

 

うーむ、どうしよう…

 

良さそうなサービスがありました!

僕のお客さんのご友人が運営されているというサービス。

全国定額住み放題サービス、ADDressさん。

https://address.love/

 

敷金・礼金・保証金などの初期費用は無料で月額4万円〜。

電気代などの光熱費、ネット回線料金も含まれているので、

全国の好きな場所を探して二拠点生活が実現できそうです。

 

最低契約期間は3ヶ月なので、海外旅行をしたつもりで笑!?

試しに利用してみるのも良いかもしれませんね。

 

毎週、違う場所を試してみれる、というのもお得。

やはり、行ってみないと分からないことがたくさんありますもんね。

 

さあさあ、それならまずどこにしてみましょうか!?

好きな場所を選べて住めちゃうなんて、

旅行とはまた違ったドキドキワクワクが湧いてきますね!

 

ありましたよ…ありましたよ!

こんなステキなお家が!!

鎌倉に住むの、夢だったんですよー!

https://address.love/house/kamakura-b.html

 

ちょっと、サイトから勝手に写真を拝借します、すみません。

 

一気にテンション上がりますねー!

夢の生活が、夢じゃないかも…

本気で24歳当時の自分に教えてあげたい涙笑

 

さあ、大事な拠点を確保!

憧れの鎌倉のこちらのステキなお家で、決まり!

 

続いて移動手段と日程を決めましょう!

北鎌倉駅から徒歩3分、とのこと。

車で行ってもいいのですが、駐車場が無いようなので電車で行くことにします。

車で行ったとしても50分。

 

 

急遽、会社に行かなくてはいけなくなったとしても、

十分に出勤できる距離です。

ちなみに当時僕は横浜市の都筑区の会社に勤めていたので、

全く問題ない距離。

 

ひとまず週末に出発、土日を過ごす、

ということで想定してみましょう。

金曜日の夕方、仕事が終わった18時頃に出発しましょう!

 

 

50分弱で到着。

19時前には着いちゃうんですね、近い。

 

北鎌倉〜、北鎌倉〜!

さあ、着いた着いた。

夢の二拠点生活のスタートです!

 

 

いいですねー、いいですねー。

なかなか情緒があって、可愛らしい雰囲気の良い駅です。

 

さあ、暗くなる前に拠点に…

と、思ったら!?

大切なところを見落としていました!

 

住所:神奈川県鎌倉市山ノ内

●電車
北鎌倉駅から徒歩3分
※小道を進み、石段を100段ほど上がったところにあります。

 

笑笑笑!

石段を100段ほど上がったところにあるそうです!笑

さあ、頑張りましょう!!!笑

 

妄想を掻き立てるフレーズです。

当時の僕は、トトロの家みたいなのに憧れて

湘南エリアの家に住みたいなーと探していたので、

このフレーズで逆にテンションマックスになっていた可能性もあります笑。

 

ん?ということは、登り始める前に、

今夜の食材をゲットしておかないといけないですね!?

あぶない、あぶない汗

あやうく、登りきってから、

あっ…食べるもの無い…となるところでした笑

最低限の買い物にしておきましょう、なんせ100段ですから笑

できれば、今日の夕食と明日の朝食くらいは買っておきましょう。

 

ふーっ、ふーっ、ふーっ!

上りきったーーーー!!!

テレワークでの運動不足を解消するのに

もってこいの石段でございました笑

 

 

こんなステキなお家が待っていてくれるなら、

100段も頑張れそうですね笑

 

 

夕日が沈む前になんとか辿り着けたでしょうか?笑

もう暗くなっちゃったかな?

念のため大きめの登山用のザックと

ヘッドライトがあった方が良いかもしれないですね笑

買出しした荷物をごっそりと詰め込める、

登山用のザックがあるといいのかも。

 

 

ふーっ、まずはシャワーを浴びて汗を流しましょう。

はー、さっぱりー。

 

 

さあ、お腹ペコペコ。

今日はもうちょっと遅くなっちゃったので、

夕飯は買ってきた食事で済ませましょう。

お皿に盛り付けるだけでも気分が盛り上がるので、

まずはビールで乾杯!

ぷは〜っ!うまーーーーい!!!

 

チョビチョビ、飲みながら夕食の準備。

音楽でも流しながら、ゆったりと夜の時間を楽しみましょう♪

酔い覚ましに、ちょっと庭で涼んでみるのもいいですねー

 

 

普段暮らしている家から1時間。

ちょっとした距離ですが、普段とはまた違った環境。

家で過ごす週末とは、またひと味違った時間が流れそうです。

 

 

 

ほろ酔いのまま、今夜はゆっくりと体を休めることにしましょう。

酔っ払って布団から落ちないように注意しながら笑

 

明日からの生活を妄想しながら。

今週もお疲れ様でした。

おやすみなさいzzz…

 

【ここまでに掛かった費用】

・ADDress会員料金 44,000円税込/月〜(実際の費用は要確認)

・電車代 片道520円×2人=1,040円

・夕食代、朝食代、飲み物代(初日分) 5,000円

★合計 50,040円

 

二日目以降は、また次回。

引き続き、妄想して参ります笑

おたのしみにー

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す