誰よりも最も自分が体感する効果。

小諸市の大パノラマの北アルプスと浅間山を望む、

二階リビングが羨ましい二世帯住宅へのリノベーション。

 

着々と工事が進行しております。

 

 

二階の壁も天井も綺麗に撤去。

美しい木造のフレームが姿を現してくれました。

 

勾配天井の二階リビングで、

元気な元気な男の子が三人。

わんぱく三兄弟がドタバタと駆け回る姿と、

その暮らしを想像すると、

それだけで自然と笑みがこぼれてきます。

 

 

そんな大切な家族のために頑張るのは、やっぱりお父さん笑。

 

 

大切な家族のためなら、どんなに狭い小屋裏にだって潜りこみます笑。

 

 

元々、壁に断熱材として入っていたグラスウール。

これは外して、新たに断熱材を入れ直すのですが、

この外したグラスウールを捨てずにとっておきました。

 

壁と天井には新たに断熱材を入れ直すので、

ぴっちりと隙間なく断熱できるのですが、

小屋裏から二階の床下に隙間があるため、

そこから冷たい空気が入ってきてしまうことが想定されました。

 

体が入り込めない部分は、どうしようか…

と悩んでいたのですが、

捨てずにとっておいたグラスウールを再利用して、

できる範囲で自分でグラスウールを貼り込んで、

できる限り隙間を埋めてみましょう!

やれば、やるほどあったかくなります!!!

と、ミッションをお伝えしたところ…

お見事でございます。

 

 

執念!笑。

いや、失礼!

いやいや、お見事!!!

 

 

天井を踏み抜かないように気をつけて下さい!

突き抜けたら、自己責任で直してもらいます笑!

と僕の心配をよそに、グイグイと入っていって、

片っ端から詰める、詰める、詰める!

 

 

僕は広いところで、グラスウールを丁度良い長さにカット。

「どうですかー?何枚かそっちに渡しますかーー?まだ足りてますー?

おおー!バッチリですねー!どんどん詰まっていきますねー!」

 

すみません、僕は一度も入っていかず笑。

「いいですねー!いいですねー!完璧ですねー!」

掛け声だけは、お任せ下さい笑。

パシャパシャと写真を撮るだけ笑。

 

 

捨てるはずだったグラスウールを見事に使い切り、

バッチリとぐるっと全体の隙間を埋めてくれました。

素晴らしい!

 

壁の中に隠れてしまい、見えなくなってしまう部分ではあるのですが、

暮らし始めてからも、きっと誰よりも、

ご主人が壁の中の様子をイメージできるのではないかと思います。

 

そしてきっと、お住まいになられた時に、

誰よりも暖かさを感じるのは、

きっと、ご本人なのでしょう笑。

これも、セルフビルド・DIYの本質、自己満足の効能です笑。

 

さあ、今度は床下に潜って、断熱材を詰め込んでいきますよ!

更に地味でハードな作業になりますね笑。

頑張っていきましょー!

 

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す