渋滞学から学ぶ。今年のテーマは「余」。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日の雪が眩しい晴天の朝。

 

 

最高に気持ちいい朝。

 

 

今日は仕事もせずに、

散歩でもしましょうか…

となってしまいそうでしたが、

いやいや、今日は絶対にやろう!

と決めていたことがあったのです。

危うく誘惑に負けそうになりましたが笑。

 

 

毎日の仕事のストレスの元であった笑、

ぐっちゃぐちゃで足の踏み場がなかった、

ツギハギ小屋の片付けと整理をしました。

  

 

通路にも隙間なく物が…こりゃ、ひどい笑。

必要としている目的の物が、

あそこにあることは分かっているのですが…

どうにもこうにも、そこまでたどり着かない笑。

 

そこに行くまでにまずは通り道の物を、

どかして、どかして、どかして、どかして…

ふー…

やれやれ、ようやくたどり着いた…

 

そうだ、それとあれも必要なんだけど…

えーと、あれは…

あっっっ!

たった今、どかしたボックスの中じゃないか!

 

どかすために積み上げた一番下に…

と、また結局、全て元の通路に戻す羽目に笑、

という悪循環…

その都度、自己嫌悪…

自分に、イライラ。

 

 

これじゃー、いかん!

こんなんでは、とても目指すべき将軍になんてなれやしない!!!笑。

と意を決して、重い重い腰を上げて、

ついに片付けに着手しました。

 

 

デットスペースとなっていた部分に棚を追加。

 

 

あり合わせの材料で作ったので、

一箇所だけの棚の追加となりましたが、

それだけでも、だいぶスッキリしました!

 

余白が大事なんですよねー…

予定も収納も、何でもかんでも、

どーしても詰め込んでしまいまして…

 

 

この本を思い出しました、

なぜ、渋滞が起きるのか?

 

それは車間距離を詰めてしまうから。

仮に高速道路などで全ての車が、

前の車に詰めることなく、

丁度いい一定の車間距離を保ちながら、

そのまま走ることができたなら、

理論上、渋滞は起きないそうなんです。

 

車も仕事も遊びも一緒。

今年の僕のテーマは「余」。

 

余白、余裕、余力、余地、余分、余暇。

 

まずは、余白を作り出し、

いつでも、ヨユー!笑、を口癖に。

余力を残し、遊びの余地を。

余分に楽しみ、あわよくば余暇が欲しい笑。

 

 

まだまだカッコよく、整然と…とはいきませんが、

自分の中ではかなり気持ちがスッキリしました。

 

 

雪も溶けました。

 

 

さあ、いい感じで汗もかいたので、

ひとっ風呂浴びて、

ビールでも、いきますかー!

 

コロナウィルスの影響で中断となってしまったNBA。

RakutenTVで毎日配信されていた、

NBAの情報番組「Daily 9」も、

ゲームが無いのなら当然、中断になってしまうだろう…

とボウズ達と、肩を落としていたのですが、

なんと、ゲームが無くても毎日放送すると!!!

素晴らしい。

 

ゲームのハイライトは無くとも、

通常は掘り下げられない、

よりコアな情報をお届けしていきます!

とのこと!

 

なんてこった!

余計に楽しみになってしまったではないか!笑。

楽天さんの思うツボでございます笑。

僕は一生、離れられないかもしれません笑。

完全にロックオンされました。

 

現状を嘆いても仕方ない。

文句を言っても仕方ない。

誰かのせいにしても仕方ない。

 

全てのことに意味を見出し、自分にできることを。

凝り固まった頭をリセットするチャンス。

固定概念を捨てて、逆転の発想を大切に。

前に進みましょう。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す