そこに「暮らす」人が見る景色。

現地で買った加計呂麻島、奄美大島(南部)の本。

出発前に探したどの奄美大島に関する本よりも美しく、

欲しい情報がギュッと詰まった現地発のコアな情報誌。

旅で訪れた人が書く、のと現地に暮らす人が書く、

というその大きな大きな違いを実感。

その地域を、その島をどーんだけ愛しているのか?

それがビシバシと伝わってくるから惹きつけられる。

こんなの見せつけられたら、また行きたくなっちゃうじゃないですか〜。

やられたー。

「海の人」は定期的に島を訪れなければいけないのです、きっと。

でもボクはやっぱり暮らすなら、山の港ですけどね。

また、行こ。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す