薪ストーブで自然エネルギーをたのしむ

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

長野県は場所によっては雪が降りはじめました…

我が家もついにコレが始動しました!

 

愛しの薪ストーブです。

 

コレはホントに、ホントに…

サイコーです!

 

一度このあたたかさ、たのしさ、ココチよさ

を味わってしまうと、

暖房はもうこれ以外は考えられません!

 

まず、なんといってもあったかい!

ボクは毎年、雪降るお正月は薪ストーブの家の中で

半袖です。

 

カラダの芯からポカポカあたたまってくるので、

家全体があたたまるのはもちろん、

自分自身がホットになってきます。

 

そして、火あそびのたのしさ。

やみつきになります。

 

そして、火の美しさ。

お酒もいいかんじでまわって、

ウットリです。

 

そして、薪はなんといっても

究極の自然エネルギーです。

 

日本は森林大国です。

国土の7割は森林だそうです。

しかし、日本の山は手入れがされずに

荒れている山がたくさんあります。

要はエネルギーである、木がたくさんあまっているんです。

 

それを使ってあげましょう。

使った分はまた植えてあげましょう。

そうすると、山が活性化して、元気な山が育ちます。

 

2~30年もすれば立派な木が育ちます。

エネルギーが2~30年で作れちゃうなんて

スゴクないですか!!

 

薪ストーブについては、

語りだすとキリがないので。

 

薪割りのこととか、

チェンソーのこととか、

薪小屋づくりのこととか、

火のつけ方とか、

煙突そうじのこことか、

…語りたくて、語りたくてウズウズしますが、

今日はこれくらいで。

 

まずは、薪ストーブサイコー!

って、ことで。

 

 

 

 

 

【自然エネルギーをつくる。次の記事へ】

究極の太陽光エネルギー
http://www.engawashoten.com/?p=35

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す